サプリって、どうよ?

少し前にtantanさんのダイエットが成功したお話をご紹介しました。
そのダイエットの為の新しいフードを取り入れる時期に同様にもうひとつのことにもTryし始めました。
f0032020_10243343.jpg

ご存知の方もおいでですがtantanさん生後9ヶ月で去勢し、1歳の成猫になって暫くしてからストルバイト尿結石を患いました。
幸いなことに暫定的な投薬と療法食の併用だけで彼にも負担にならずに治すことができ、何とか今日まで再発には至っていませんemoticon-0142-happy.gif
ただ尿路疾患に関しては遺伝性に関るものとも云われている為、弟であるtotoちんが同じ病気を患う可能性もありますemoticon-0124-worried.gif
そんな心配もあってtantanさんの以降の観察はもちろん、totoちんも定期的な検診を受けさせたいのですが、彼のかなり神経質で繊細な性格上気を許されている私でさえも検査のための尿を採取させてはもらえませんemoticon-0141-whew.gif
かといって尿路疾患かどうかの判断が出来ない状態で勝手に療法食を使うわけにもいかず何か代わりになるものはと…見つけたのがサプリメントでした。
f0032020_10261341.jpg

ロイヤルカナンDL-メチオニン・タブ…尿路疾患にサポートしてくれるとのフレコミですemoticon-0126-nerd.gif
指で簡単に押しつぶせるという半生テイストで、例えば錠剤のお薬もこの中に仕込んで食べさせるという使い方も出来たりします。
普段食べさせているフードよりも嗜好性の香りが強く、ほんのり鰹を連想させる芳ばしい風味でなかなかそそります。
体重にあわせて給与量がありブリ兄弟だと2個/1日/1匹なのですが、2匹分の対価が正直お高くつくのでひとつずつしか与えていませんemoticon-0114-dull.gifまぁそれで効果を期待するのは図々しいですよね
f0032020_10272676.jpg

実は尿路疾患をケアするフードは暗にして脂質、糖分が多く熱量が高いのがネックで病気の再発予防の代わりにうっかり増量してしまう懸念があるのですemoticon-0112-wondering.gif
このサプリの効果に関しては尿や血液検査でもしない限りはなんともいい難いところなんですが、なるべく身体に良いモノでジャーキーのような嗜好品に手を出すのは避けたいというのも本音だったりするのですemoticon-0124-worried.gif
夜から朝までの時間は猫にとっては待ちきれない空腹感があるようで、まだ陽も昇らない寒い朝っぱらからのご飯の催促はなかなか人間の方も辛いですよね。
その少しの慰めにでもなればと今はサプリというよりも“身体に良い凌ぎのおやつ”のつもりで就寝の直前に与えるやり方で続けていますemoticon-0144-nod.gif
そろそろまる2ヶ月でコレと言って彼らに変化は見られませんが、食事と同様に確実に彼らのお楽しみになっていることには間違いないようですemoticon-0136-giggle.gif
4月に入って3ヶ月経過したら…tantanさんの尿検査と血液検査をしていただいてサプリメントとしての成果が何処かに現れているか一度見てみようと思っています。



**********************************************
美味しい協力は惜しまないブリ兄弟に、ポチッと宜しくお願いしますemoticon-0139-bow.gif
   ↓
人気ブログランキングへ
by Brian0712 | 2009-03-16 10:40 | Goods