ハラホレヒレハレ~【追記あり】

5月14日関西は5月晴れ!でした…が、タイトルはその爽やかなお天気の一日を終えた私の心境です。
実はこの日どうしても外せないというよりも私事で伸ばし伸ばしにしていた所用があって
お昼をまたいで長時間外出しなければなりませんでした。
一昨日に軟便から下痢の症状が出たtantanさん、朝ご飯はいつも通りペロリと平らげたものの直後にもよおし水のような下痢ピー
不安な気持ちを残しての外出、主治医から戴いていたロイヤルカナンの消火器系サポートの療養食のサンプルをこういうときだからこそお昼に頼みの綱のフードフィーダーにセットして午前10時半には自宅を出ました。
高速道路の工事規制をうっかりすっかり忘れていた私はお昼には渋滞のど真ん中に身を置いてうんざりしながら、紫外線の強い空を眺めてひたすらtantanさんの体調の安定と下痢ピーの沈静を願ってました。
出鼻はくじかれたもののほぼ予定通りに事が運んで家路に急ぎ、帰宅したのはまだ西日の残る午後6時。
快晴ながらもカラッと湿気がなくむしろ風があるこの数日は南西の猫部屋でも窓を開け放しておけば、暑すぎることもなくブリ兄弟には恰好の日向ぼっこの条件です。
バタバタと心配して帰った私を他所にブリ兄弟は窓辺で日光浴を楽しんでました。
お留守番の強い味方のフードフィーダーもちゃんと仕事はしていたようでセットしたご飯はキレイになくなっています。
f0032020_232094.jpg

案じたtantanさんは目もすっきりとご機嫌さんの様子、兄弟お揃いで同じ場所から顔出す辺りはtotoちんとも仲良く過ごせていたのでしょう…
そう感じ取って彼らをそれぞれ言葉とスキンシップで誉めたあと、目の前でtantanさんがWCに入りちゃんと排尿までするあたりは、親バカながら思わずよく出来た息子と眼を細めてしまいました。
とここまでは「大変良くできました!」のいわゆる花◎で終わるはずで、いやはや1日は24時間とはいえこれだけで暮れてくれれば幸いだったのですが…
午後7時に予定通りおやつと一緒に薬を服用、このタイミングで投薬などないtotoちんにもおやつ代わりにサプリを与えています。
そして後はご飯が過ぎれば眠らせるだけとまったり兄弟と寛いでいた最中、午後8時半にtantanさんがWCに入ったのをストーカーの如く観察すると、いきむtantanさんの背後で願い虚しくまたも下痢ピー…最後に更にいきんだかと思うと少し塊と同時にピシャッと鮮血!
「オーマイガッ!!」でございましたっっっ
下痢の後に伴う鮮血もしくは血便は、大腸性下痢による腸壁のただれかもしくは人間で云う痔によるもの。
今日までの経緯で一目瞭然、予後療養のtantanさんのフードに試行錯誤していて換えてみたりしていたのですがどうやら無理を強いたらしい。
今までならば軟便から下痢の最初の段階ですっぱり絶食をさせたのですが、tantanさんの体調を考えると空腹で体力を落とすことが心配で完全に絶つことは出来ませんでした。
お腹も空かし食欲もあるので、結局は給与量を調整することで下痢が治まってくれればと期待していたのですが…。
幸いなことにお水もしっかり飲んで排尿も問題ないために、脱水を懸念して利尿剤はお休み中です。
呼吸数など下痢を除いた体調面では何ら問題はないので12時間後から24時間後の排便に再度下痢が見られれば、そこで外来受診の目安とすることにしました。
ということで昨夜は腹を括ってtantanさんに付き合って、totoちんには猫部屋でそのまま夜を明かしてもらうことに…
f0032020_23213877.jpg

そして今朝(5月15日)までに厳しい監視の下ではtantanさんの排便は見られず、猫部屋でひとり寝を過ごしたtotoちんが気になって階上へ。
WCを覗いて唖然!?totoちんまで下痢ピー!!
元気いっぱいお腹を減らし、同じように消火器サポートを与えてペロリと平らげ食欲に問題はなさそう…考えてみればtantanさんを入院させている時も退院後も例え数時間でも私はtotoちんのところで身体を休めていたのに、昨夜ははじめてたったひとり(一匹)で夜を明かさせしまいました。
ご存知の通りtotoちんはヘタレの上、甘えん坊にさびしん坊なので、心因性による下痢だと拝察しました。
で今日は昨日と一転、自主的軟禁生活を再開し彼らの前から姿を消すことなく一日を終えつつあるのですが、今のところ兄弟共に排便は見られません。
この長い時間のうちにお腹でうまく固まってくれ~!などとウンチに願いをかけるのははじめてです(爆)
がもし兄弟に尚も同様の症状が見られた場合は、今度はまた別の角度の見方をしなければならないと思っているのです。
同じ部屋で同じWCを使う…感染症による下痢の疑いです。
兄弟ともに毎年3種混合ワクチンは必ず接種しているのと、既に成猫なので恐ろし気な深刻な病気の疑いは少ないとは思いますが念の為これ以上の精神的な負担は避けたいので、次回の排便の結果で外来受診をするつもりです。
兄弟が見た目元気で変わりなく安穏と過ごしていて、私が神経質になりすぎることで負の連鎖を起こすと良くないので、務めて監視の目をギラギラさせながらも今日明日をこのままうまくやり過ごしたいと思わずには居られません。



【記 録】
 5/14
  ・朝  呼吸数:32 環境:酸素室温:22℃ 湿度:40%
  ・夜  呼吸数:25 環境:酸素室温:22℃ 湿度:38%

  ・投 薬  朝:血管拡張剤(フォルテコール)…1/2錠 
         夜:血管拡張剤(フォルテコール)…1/2錠 

 5/15
  ・朝  呼吸数:34 環境:酸素室温:23℃ 湿度:40%
  ・夜  呼吸数:37 環境:酸素室温:23℃ 湿度:50%

  ・投 薬  朝:血管拡張剤(フォルテコール)…1/2錠 
         夜:血管拡張剤(フォルテコール)…1/2錠 

【5/16 追記】
   早朝5:30過ぎ
   tantanさんがはじめから最後までコロコロとしたウンチを4つ無事に排便しました!
   ヤッター♪ ヨカッタ!
by Brian0712 | 2009-05-15 23:21 | Brothers