Cake!Cake!Cake!

もともと私は甘党でもどちらかというと和菓子派。
でもここ最近は地元でも小洒落たパティスリーが出来たお陰ですっかり洋菓子の選択幅も増えている。
過去2度ほど今や全国区のたねやClubHARIEをご紹介してきたりしてるので、恐らくすっかりご贔屓に思われてるかも知れない…。
でもそれがなかなか…ホントのご贔屓を今日はご紹介^^b

私が生息するのは関西とはいえ端に位置する地方の田舎。
私の小さい頃はケーキ屋さんなんて実はなかなか無かった(苦笑)。
それが今では上場企業の工場誘致に伴い新興住宅地やマンションが多くでき、大阪・京都へJR1本1時間弱で通勤や通学するベッドタウンとなったために、昔田舎には無かったものが沢山できるようになったのだ。
そのひとつがケーキ屋さん、現代風に云うとパティスリーである。
大型スーパーのテナントに入ったフランチャイズのケーキ屋さんで育った私には、この最近のパティスリーというのはさしずめヘンゼルとグレーテルのお菓子のお家、おとぎの国にある夢のようなもの。
これがあちらこちらに沢山出来たのだから、嬉しい世の中になったものだ。
都会に比べればまだまだ少ないが、口に伴い身体も肥え、それなりに贅沢になってしまった嗜好はウンチクを云うくらいまでになり、ひょっとしたら今や嫌な客の部類かも知れない(爆)。
そんなことを踏まえながらも今の私の地元の一押しと言えばこのお店…Patisserie T-mafacon(T-マファッソン)
ここはたねやClubHARIEが天下の滋賀に爆弾を落としたと私は思う位。
出来たのはかれこれ3年程前、当時新しく道路整備されたばかりの駅からは少し距離があり繁華街からも程遠い、回りはなんと工場いっぱいというところに現れた。
オーナーパティシィエは、洋菓子の激戦区神戸に近い尼崎で修行を積まれての独立開業。
私が当時勤務していた会社の同僚がその近くに住んでいてそこからの情報だった。
甘党の彼はもともと大阪出身、大阪・神戸の支店に長く勤務していた為、
都会の数多在るパティスリーからデパ地下に至るまで、嫁と日夜甘味の鍛錬に励んだツワモノ。
彼がこちらのたねやClubHARIEのクレーム・ブ・リュレを絶賛した(この頃は大阪・東京進出しておらず)が、その舌の根も乾かないうちに興奮気味に私に謹呈してきたのがT-Mafacon(T-マファッソン)のカシスブラン!残念ながら写真が無い…(-_-;)
名前の通りのカシスを使った綺麗なボルドー色のCake…正直食べた時、眼を剥いた!!
薄めに台座に敷かれた弾力あるスポンジに控えめに染みこませたシェリー酒、何といってもカシスとベリーが主役のムースの甘酸っぱさが絶妙な味♪
すっかり魅了されて足を初めて運んだ時は、大きなショーケースに処狭しと並んだSweetsが@200円台~とかなり良心的な価格設定で色とりどりに20種類ほど並んでいた。
私は大方初めてのお店で買うものは決めている。
チョコレートケーキ、チーズケーキ、スポンジ物、シュークリームである。
大体この5つを基本でセレクトするとその店の味のベースがよく解るのだ。
チョコは例えばクラシックなカカオ志向かとか、チーズケーキのチーズの味の重さ、スポンジ系は生地の弾力、シュークリームはカスタードの味の特徴といった具合。
その辺りが独断と偏見で個性的過ぎず、邪魔し合わない、より高めあえるものかどうか…
その代表たる超お薦めの逸品は、“お米のピュアロール”
f0032020_13412689.jpg

びっくりする程柔らかで小麦粉を一切使わず100%米粉の生地に甘さがあり、軽めのブレンドされた生クリームを巻いたシンプルな最強コンビ!!
f0032020_1342275.jpg

恐ろしいのは食べ始めると15cm程の半分くらいをペロリとひとりでも食べられてしまうということ。
ここ最近のHit!はこのバレンタイン限定商品として出ていた“カケラ”
f0032020_13452511.jpg

2種類のスポンジがガナッシュチョコで覆われて、最後生チョコのようにチョコが振り掛けられたチョコレート尽くしのもの。これは10代のガキには食べさせたくないと思わせる代物
全部紹介することは無論出来ないが、ここは本当にどれをとってもハズレがないのである。
f0032020_13464867.jpg

f0032020_1347776.jpg

だからここを知ってからというものの私のお持たせは、ほぼこちらを御用達。
近場にはCakeを色々、遠出に必ずChoice!するのはプレーン・モカ・ショコラの3種の“ガトーフロマージュ”
f0032020_13474287.jpg

ふわふわの柔らかさと濃厚な味は小さなひとつでも十分満足。
ラストは3月に出たばかりのネーミングがベタで首を傾げながらもお持たせに使った“近江マドレーヌ”
f0032020_13482216.jpg

食べてみないと気が済まないので、自分用に2つ買って食べてみた。
侮れない柔らかさと卵の風味、しっとりとした甘さは使われている和三盆の賜物。
f0032020_13484910.jpg

f0032020_1349957.jpg
さすがにT-maffaconが作っただけのことはありました…お手上げでございました。
5月に東京で会うウリチング~~~~♪
今度はコレ持ってくよ~待っててねぇ~~~~!!!

ガトーフロマージュとお米のピュアロールは、既に何度か東京方面の私の友人・知人たちに持参したが舌が肥えた都会人に、評価は上々!!
でも絶対に百貨店には進出されたくなぁ~い(>_<)!!



**********************************************
恐らく通販は未だされていませんので、欲しい方は是非お越し~♪
 ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 猫ブログへ