春の嵐とtantanさんと…

昨日からびっくりする程の雨が降り続いている。
ビュービューと唸るような強い風を伴い、
外に出ようものなら傘が役に立たず、濡れ鼠になる。
せっかく盛りを迎えそうな桜がこの風雨で散ってしまいそう…
こういうものが“春の嵐”というものなのだろうか…
f0032020_1743545.jpg

昨日の獣医師の診断では、tantanさんの下痢ピーは消化不良。
以前からご飯の後に、tantanさんがゲップをするのが気になっていた。
全て完食してしまってお顔のグルーミングをし始めるタイミングでよく見る。
まるで親父が食べ過ぎてデカイお腹を突き出してやるあの図を連想させる。
それを横目に消化器系が結構弱いのかなぁと漠然と感じていたのだ…。
今回の下痢ピーはまさにその不安材料が的中した。
でも今回のtantanさんは去勢の時の動揺振りはなかった。
私に大人しく抱かれ、お尻に体温計を入れられることにぐずりはしたものの、その後はDr.の触診も素直に受け入れた。
朝はご飯を与えてからの受診だったので、3食のうちのお昼だけ絶食。
f0032020_174091.jpg

夕方から処方された療養食と投薬を少量ずつ。
その頃に目出度くしっかり固形のウ○チも少量出た。
具体的に時間間隔を指示されたわけでないが、2時間おきに5gずつお湯でふやかした後粉薬を混ぜて与える。
tantanさんは最初のみ食感に戸惑ったが後はキレイに平らげ続けている。
夜から今朝もお腹が悪いとは思えない動きで、走り回って遊んでいる。
今度ちゃんと硬いブツが上手く出てくれたら、通常のご飯に変えてやろう…
f0032020_1710286.jpg

だからいつものやんちゃ振りも然り…
出窓で過ごした後に隠していたカーテンのタッセルを見つけて大はしゃぎ!
無残な姿になる前に、早々と撤去と相成った…トホホホホ(T_T)
f0032020_1793876.jpg




*********************************************
遊びっぷりは下痢ピーして苦しむ猫の姿に非ず…です(^^;)
 ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 猫ブログへ
by brian0712 | 2006-04-11 17:11 | tantan