玉座か、はたまたお立ち台か…

前回の記事でtotoが鎮座していた椅子は、コレ↓
f0032020_16283311.jpg

米DULTON社製モダンスチールスツール、三脚で折りたためる便利物。
座部がお尻の形に凹んでて、座るとなかなか馴染みがよい…とはホモサピエンスのお話。
でも心地好く思うのは猫も同じらしく、置いた時からtantanさんはお気に入り♪
猫部屋として使用していた和室の縁側に、重さに揺れる古いキャットタワーの代りにもなればと置いてみた所、こちらの思惑通り大した高さでなくてもそこから窓越しに外を眺めるのが日課だった。
f0032020_16394775.jpg

人間のお尻に馴染む凹みも、猫には丸い身体が上手く納まり安定するらしい…
前回の記事でtantanさんが乗っかると“はみでる”のではとのご指摘があったが…それは今更愚問というもので(-_-;)
今より2ヶ月前の月齢半年当時、辛うじて納まる良い感じだった頃(既に過去形)^^;
f0032020_16415183.jpg

でも本人至っては自分用にカスタマイズされた代物と思っておる故、お許しを…。

猫部屋が移動した現在もタワーとは隣接する窓際に置き、ひとつ違う目線でお外を眺められるように置いている。
totoが乗っかり始めたのはここ数日…今は仲良くなったtantanさんの後ろをついて回るプチストーカーだから、やっぱりお兄ちゃんの真似をしてみたかったのかも知れない。
特にどちらの場所ということでもなく、入れ替わり立ち代わり乗っかるブリ兄弟…
それぞれにものの見方も、眺めるものも、哲学の仕方まできっと微妙に違うのだろう^^
ちなみに今日は朝からtantanさんが乗っかった…
f0032020_16451755.jpg

デッ、デカッ!(爆)




****************************************************
でもこの優しい眼差しの先には、totoがご飯を食べてたんですよ^^b
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 猫ブログへ
by brian0712 | 2006-06-01 17:05 | Goods