濡れブリ兄弟の事件簿

=6月14日=梅雨入り宣言後にそれらしい蒸し暑さが続いた午後
何とか暑さ凌ぎになればとブリ兄弟をシャンプーしてやることにした。
先ずは乾きに時間がかかる毛深い兄tantanさんから…
f0032020_22371944.jpg

私も多少要領を得たものの、やはり大鳴き数回と裂傷3ヵ所(T_T)
コレ、足とちゃうで!私の肩っ左肩っ!(>_<)
f0032020_21545827.jpg

続いて濡れ猫お初の弟totoくん…何が何だか解らず泣け叫び終わる^^;
f0032020_2156396.jpg

tantanさんも濡れると余りの変わりように驚くが、やはりその変貌振りは否めない(爆)
f0032020_22381847.jpg

しかし、この“あんた誰?”状態が思わぬ展開になってしまった…
濡れ猫になったtotoを猫部屋に入れた途端、tantanさんが近付いた
f0032020_21573112.jpg

自分の身に何が起こったか把握出来てないtotoは、差し詰めtantanさんに助けでも求めたつもりだったかもしれない…
がこの瞬間、tantanさんがすっと下がって「クワァーッ!!シャーッ!」
totoは余りに唐突過ぎて、ビビッて背中を丸くした…
f0032020_2159046.jpg

そんなつもりはないのだろうが、それが又tantanさんを刺激した(-_-;)
それからは嫌な想像がつくとおり、威嚇、唸りの嵐=3
弟totoはtantanさんが濡れ猫と化しても兄と見止めているようなのに、
兄tantanさんは、様相が変わり、体臭が一時的に消えてしまった弟totoを全く受け入れられなかったのだ(-_-)
f0032020_221215.jpg

私は当初楽観的だった…がコレが思ったよりも深刻で、長い冷戦に突入したのである。
午前中まで楽しく戯れていた姿はかき消され、2匹はお互いの影すら踏まなくなった。
部屋の対角で睨み合い、お互いを牽制しながら水を飲み、用を足し、私を挟んで威嚇し合っては、tantanさんの迫力にtotoは慌ててソファ下に逃げ込む始末。
こんなことの繰り返しが夜まで続き、ご飯も消化が悪いほど唸りながら食べる(-_-;)
その夜、結局totoは初めて会った時以来の大怪獣tantanの襲撃に恐れをなして、
tantanさんが以前使った“おんぼろキャットタワー”の下の秘密基地で夜を明かした…






=15日(冷戦2日目)=
朝も変わらず、互いの唸り、威嚇が交錯。
午後になってtotoの方が意を決してtantanさんに歩み寄ろうと仕掛け始めた。
tantanさんは、派手な威嚇こそ無くなったが小さい唸り声に変わり、積極的なtotoから逃がれようとする。
大好きなはずの兄tantanさんに背を向けられたtotoの落胆振りは、傍目にも痛々しい…(T_T)
f0032020_2281671.jpg

それでも何度もめげずにtotoがtantanさんに近付く…逃げるtantanさん。
うちに来た頃、なかなか打ち解けられなかった2匹の様子にフラッシュバックするが、
明らかに違うのは、前はtantanさんが歩み寄り思いが届かず悶々として、
今は真逆でtotoがその立場にあるということ。
夕方にはtantanさんの唸りもなくなったが、2匹の接触はなく冷戦2日目の夜に突入。
前夜同様、兄tantanさんは私の右脇辺りでご就寝、身のやり場のないtotoはやはり秘密基地へ身を沈めた。
午前2時ごろ、ふと見るとtotoが私の左足首のところでアンモナイト寝してる!

=迎えた今朝16日(冷戦3日目)=
爆睡状態のtantanさんの尻尾を振ると触れるくらいの位置、私の右腰辺りにアンモナイト寝のtotoが進出してきていて、びっくり!
私に気付いたtotoが先に首を起こす。
それに気付いたtantanさんが寝ぼけたままで私に朝のご挨拶鼻チュ~をした途端、尻尾がtotoに触れてtantanさんがびっくりして飛び起きた!
少し顔をtotoに近付け臭いを嗅いだが、直ぐに「シャーッ!」(-_-)
今日も健気なtotoの働きかけは続き、傍観者のの私はtantanさんに苛立ちを感じるくらい…^^;

明日が少し忙しいせいもあって、今日の夕方にtotoの2回目のワクチン接種に出掛けることにした…この模様は後日別途UPを予定
totoを伴い無事1時間後帰宅した私に、裏隣の奥さんから声がかかった…
奥さん:「珍しく猫ちゃんが大きい声で鳴いてたよ~!」
ジジ:「へ!?そうですか…」
自宅に入ると部屋のドアのすりガラス越しにピッタリ張り付いたtantanさんの姿が見え、大きな尾を引くような声で鳴いている。
どうやら淋しかったらしい…私もtotoも居なくなったから。
totoが来てから1ヶ月近く、全く独りにしたことはそう云えば無かった…
先程の裏隣の奥さんの話は、どうも本当だったらしい(^m^)
顔見るや「僕を独りにして何処に行ってたの!?(怒)」のような訴えで見上げる^^;
「ごめん…ごめん…」
と言いながらキャリーをあけると、ワクチンのせいで少し覇気のにかける
totoが出て来てその場で寝転んだ
すると、直ぐ様tantanさんがまるで慰めるように甲斐甲斐しくtotoを舐めだした!
ハタッと我に帰った私が慌ててカメラで撮った2 Shot!
f0032020_22193035.jpg

この3日間の冷戦はなんだったの!?
余りにもあっけない“雨降って濡れ猫の地固まる”に、またもや狐につままれたような気分の私…。
その間、全ては私が2匹を洗ったことから始まった…
と大いに自分を責め、落ち込み、反省もしたし、心配もしたのに(T_T)




***************************************************
明日の朝、また元に戻ってシャーッ!なんてことはないでしょうね!(怒)
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 猫ブログへ
by brian0712 | 2006-06-16 22:43 | Brothers