空を仰ぐ日

1月23日(火) 晴れのち曇り
先代猫アメリカンショートヘアーziziのお墓のあるメモリアルセンターへ彼の誕生日の昨日が、今年最初のお参りになった。
去年のお正月からBlogを始めて、この日のこともココに綴った。
昨冬は何度も沢山の雪が降って、去年のこの日も雪が降り積もって辺りを白くした。
それとは打って変わって今年の冬は殆ど雪も降らず、冷え込みもかなり違う。
何だか逆に冬の情緒がなかなか感じられなくて残念な気もしたりして…
いつものように小さなブーケと好きだった猫缶、おやつのジャーキーを用意して向った。

去年のこの日はziziを思って、まだまだ滝のような涙が溢れた。
傍らにtantanさん、その後にtotoちんを迎え、秋になりziziを亡くしたその日になると締め付けられるような諸々の感情が蘇って、また涙してしまった。
でも昨日は祭壇でZiziの写真を前にお線香をたいたときは、さすがにジューンと込み上げたもののそれ以外には泣かずに済んだ。
短い時間で記憶の中の元気なziziの姿を呼び起こし、「どうしてる?元気だよ~」と話かけた。
f0032020_15103390.jpg

自宅の中のリビングのTVの上、出窓など、彼のお気に入りだった指定席が数箇所。
そこには彼の代わりに永遠にお澄ましした彼の写真が鎮座して、いつもziziを感じることが出来る。
とても利口で、可愛いくいい子だったので写真の彼にもついつい笑みがこぼれてしまう…
一年の間に折に触れて彼を思い出しては沢山泣いてきたのだけれど、昨日は不思議にとても穏やかな気持ちで向き合えた。
墓参ってそんなにウキウキして行くものではないだろうけど、何だか早く行ってやりたくて…

この日を迎えるたびに年を数えて誕生日おめでとう…は旅立ったziziにも何だか失礼かなと時間をかけてやっとそんな風に考えられた。
だからこれからは空を仰いで「ごきげんよう!ジー君♪」と声を掛ける日にしていきます!
by Brian0712 | 2007-01-24 15:11 | zizi