実録・CANDY HOUSE潜入ルポ

んな大袈裟なぁ~という感じですが、ツカミはやっとかんとね…^^ゞ。
普段から字数が多い私…今日も一段と“文字攻め”で行かせて頂きます。
許しとおせぇ~~~~^^√。

19日(木)午後に愛車をカーッと飛ばして行って参りました。
そこは冬枯れの街路樹の広がる閑静な住宅街…一昔前に流行った金妻の舞台になりそうな佇まいの中にスコティッシュのCatteryでもある猫屋敷CANDY HOUSEがある。
外から見ると家の中に10匹以上のスコとアメSH猫’Sがわらわら居るとは到底思えない。
と来訪を告げると中からショートカットの細身の可愛い女性が…屋敷の主はにーさん登場!「およっ!やっぱり若いじゃん!」と声に出さない心のつぶやき…。
玄関先に入って目の前にNetから何度となく見たご主人手製の猫トイレがあり、それを見るなり「来た、来た、来たーーーーーっ!」と緊張してきた。
リビングのドアを開け目に飛び込んだ見慣れた緑色のソファとほかほかカーペット。
f0032020_12201775.jpg

そして眼の前に現れた最初のヤツは…玄助さん(爆)。
アレヨアレヨと大人猫がわらわらと寄って来て、動けずその場に座り包囲網にはまる(^^;)。
とりあえず眼の前の玄助さんのオツムを撫でてると、我も我もと頭を出して来る…。
人間馴れしている猫の押しの強いこと、さすがの私も圧倒された。
落ち着いて横を見ると生れて2ヶ月経過した仔猫たちがゲージの中から出せ出せCall!!
f0032020_12214073.jpg

その上を見るとうららさんとモモちゃんがゴロンゴロンとアピールしてくる…。
促されたダイニングの椅子にかけると、直ぐに右のスリッパと足の間の土踏まずに何か挟まった!「へ?何じゃ?」と判断する間もなく、左も同様に土踏まずに違和感が…。
固くしまった両足の子持ちししゃもにも何だか物体が当たる…長いスカートをめくると、足の間からサスケが嬉しそうに顔を出し、両足の土踏まずに仔猫が1匹ずつスリッパの間に挟まって寛いでいる…はははははっ(^^;)笑うしかなかった。
f0032020_12225489.jpg

それから滞在時間の殆どを入れ替わり立ち代わり、私のスカートは寒い冬の温室代わりを務め、終始大人気スポットになった。それも何故か入るのは男達~(^^;)。
スカート捲られてキャァ~キャァ~云うほどの年でも無いので、逆に喜んで臭かったか?私
玉サブ君に至っては、2Fの猫部屋で座らず立ってる間、愛しのあくびさんを抱いてる間もずぅ~っとスカートの中に居らっしゃって、めくって眼が合うと嬉しそう…でした。
さて、今回のCANDY HOUSE潜入に私には幾つかの目的があった。
先ず、動かない逆パンダ・生あくびの抱っこ計画だが、ほれこの通り↓
お眼目が大きく綺麗なグリーンアイの想像以上に美形猫さん。
f0032020_12232127.jpg

期待を裏切らない丸々ぶりで重さは思ったほど重くなく、結構ずっと抱っこしていたいような安定感が心地よかった。コレは仔猫ではなかなか味わえない大人猫の醍醐味。
新発見!は玄助さん
f0032020_12204748.jpg

大人猫の中で多分1番大きく、重い。膨張色のせいか良い脂がのってそうに見えて、実はもの凄い筋肉のマッチョに出来てて、絞まった身体はヒョウとかの猛獣系。これは2次元のNetでは解らなかった事実。
猫部屋の真実
ずっと疑問に思っていたこと…あそこは暖房って入っているのか!?
Answer:入ってない…自然のまま今冬は寒いぞ~!
f0032020_12253079.jpg

Catteryの双肩をひとりで支えるO次郎さんは世に多くのスコを送り出しているにも関わらず、あの中でずぅーと過ごす孤独な男。故に口数がいやに多いのか…。
そして一緒のあくびさんはひたすら寒さに耐える女、丸いまま動かないのにも妙に納得。
大奥の格闘
私は今回男ウケはしたようだが、どうも女たちには気に入られなかったようだ…。
チャイゴンに至っては、最初からソファの背もたれの定位置から動かず、歩み寄っても媚びることはなく最後までドライでCool。
でもこの大奥方、絡むことさえなかったが両巨頭の局たち(チャイ&うらら)の火炎砲と格闘振りは、殿と同じ目線での特等席の生LIVE!
つくね嬢は、噂通り可憐でしとやか。
f0032020_12255058.jpg

周りを絶えず見ながら動く、私のところに来るのも他に遠慮して気付くとそっと斜め後ろからお行儀よくお座りしてニッコリ(のような気がした)。とっても奥ゆかしい…思わずつくちゃんお利口さん、可愛いねと言いたくさせる。
これがテクニックだとしたらなかなか男殺しかも…。
少し婆さまの気配の指したモモさんは、長く私のお膝に鎮座し抱っこされて両手の指をチュバチュバ…年寄りの赤ちゃん帰りは猫も一緒と見ゆる。
とこんな調子で濃縮な冬の午後は過ぎたのだ。

CANDY HOUSEは現在、仔猫が居るために猫だけで総勢13匹。そこに人間様が4名。
大人猫が多いため、カーペットは猫だけでドット柄が出来る。
ソファの背もたれも座部も占拠される…はにーさんは何処でくつろぐ?
コッコちんが黄門さまになるのも理解出来る…。
ゴロンと横たわりたい時もあるだろうに…やろうものなら仔猫たちが乗ってくる。
人間がくつろぐには、兵どもが多過ぎる…。
初めて訪れた流石の猫好きも、ちょっとtired…。

最後にそんなCANDY HOUSEは右のメニューリストにリンクされてます。
うちと違ってキレイな写真で面白ネタいっぱいで綴られてます。
宜しかったら覗いて下さいね^^b。
はにーさん、いっぱい写真貸して頂いて有難うございましたm(__)m。
by brian0712 | 2006-01-22 12:33 | 悲喜交々