ペットボトル神話

うちは地方の田舎の所謂本家なので、座敷と仏間があり、そこには当然お仏壇がある。
先代猫zizi のやんちゃ盛りの子供の頃、丁度押入れのような空間にお仏壇が入っている格好になっているのだが、その仏壇との間に出来た隙間と言うか空間に小さい身体をスゥ~ッと入れて、仏壇の裏から上に上ってしまったことが何度かあった。
それも身体が小さな子供の頃だけのことではあるが、その間は叱れば叱るほど面白がられて呆れたことがあった。
現在、殆ど同じことをtantanさんがやり始めてしまった。
無理やり身体をねじ込むので仏壇の扉と接触して、ガタガタ音がするのでよくわかるのである。
要は隙間を作らなければいいのだと、隙間ピッタリのペットボトルで塞いでみた。
f0032020_157588.jpg

と、そこへ来たtantanさん…
f0032020_1581596.jpg

伺う…
f0032020_1584127.jpg

あっちょっと、まさか…!
f0032020_159137.jpg

現場確保…(-_-+)
f0032020_15101631.jpg


昔、庭の猫除けに利用されたペットボトル。
別に同じ役目を期待した訳ではないけれど、防御の楯にもならんのかっっっ(-_-;)。
結局、ご先祖様には申し訳ないが普段は扉を閉めてお休みいただくことには止む終えまい…(-_-)。
こらっtantan!いつか絶対バチ当たるぞっ(>_<)!!
by brian0712 | 2006-01-25 15:19 | tantan