続 ガレット・デ・ロア

1月も後半になろうとしているが、お正月に買って食べたガレット・デ・ロアの遊び心がすっかり気に入った私はあれからも色々と情報収集をしていた。
私がいただいたCake屋さんのオーナーパティシエが日本でのガレット・デ・ロアの第一人者として崇めておられたのが、東京・下高井戸ノリエットというパティスリーの永井パティシィエ。
お菓子通の方ならお名前はご存知の方が多い、お店も有名店。
お店に並ぶフェーブのコレクションが素晴らしいのと、またガレットに関してはキャリアが大分長いとのこと。でもそんなにお年には見えないが…^^ゞ。
私はこの話、所詮お江戸のセレブ達の華やかなお話という具合に、
割とドライに受け止めていた。
が、猫ママさんのお一人でもあるお江戸在住の素敵な方がここで買っておられたことが判り、“ヘェ~やっぱ凄いのねん♪”と改めて感心…。
その方のHPで写真など見てたら、やっぱりちょっといい感じ…。
あわよくばと思い調べるとNet通販で手に入ると判り、即注文お買い上げ。
で、来ました~♪これぞ日本代表かも知れないガレット・デ・ロア~~!!
f0032020_16105290.jpg

18㎝とやや小ぶり…でも侮れないのはその味!
中身のアーモンドクリームには、アーモンドの皮もそのまま入っている。
クリームというより、日本の和菓子の餡に近い食感。
それだけしっかり練り上げているということかな…。
まぁクール扱いで来たのでクリームも固めに感じるのだろうか…。
でも味も重量感がある…決して甘く重いものではなく、パイに隠れないと言えばいいのか…難しいが美味しいのである。
パイの香ばしさと生地だけでも十分美味しかった。
さすが日本代表かも知れない…^^V。

中に仕込まれていたフェーブ
メチャ可愛いクラシックぽいロールスロイス!?or ベントレー!?
なんだかこれじゃあ、私が大仏に思えないか…(爆)
f0032020_1620497.jpg

コレはすかさずtantanさんのお手元へ~
f0032020_1620254.jpg

と、そんなtantanさんをガシッとつかみ
この前になり損ねた王様に仕立てました。
格闘の末、撮った貴重なtantan王のお写真です(^^;)
f0032020_16264133.jpg

さすがに迷惑旋盤って感じですねぇ~クックックックックッ!!