濃密な昼下がり♪

よく晴れた木曜日の昼、久し振りに近くに住む叔母とLunchに出かけた。
場所は車で20分程移動した先の某TORATTORIAへ。
叔母は母の8人兄妹の末の妹で、戦後に生れた団塊の世代である。
多くの兄姉の中で自由にのびのびと育った人でもある。
そのせいか型に填らない柔軟な考え方と自分の世界をしっかり持つB型の彼女は、二人の息子を独立させた現在では上手に自分の人生を楽しむアクティブな女性である。
彼女の語る特徴のひとつが“秘境好き(^^;)”
今までに行ったのがチベット高地、南米空中都市マチュピチュ、そして行きたいのが中央高地タジキスタンとか、中国奥地の首長族が住む村とくる…(-_-;)。
“世界ふしぎ発見!”“ウルルン滞在記”とか大好きで若ければそういうレポーターをやりたいという、何かの幼虫やイモムシでも食べかねない人(爆)。
旅行好きで、映画や洋服、音楽に至るまで何ともキッチュな感性を持つ彼女は、世代を超えて気の合う友人のようでもあり、現在では私の貴重なオブザーバーでもある。
お昼過ぎに始めた食事は軽く1時間は過ぎ、近況とtantan、おデブさんの愛犬ボギー(叔母の愛犬シーズー)の話など尽きぬおしゃべりの間に、お店はお客様があっと言う間に席を占めた。
f0032020_18121948.jpg

ここは私の20年来の友人から教えてもらったお店で¥2,000-余りで前菜・パスタ・デザート&コーヒーがいただける。
地方の田舎にしては合格点のお店。写真は前菜の皿盛りだが、これで一人分!
f0032020_18123925.jpg

鴨や牛のロースト、蛍烏賊、穴子、いわし、白子、鯖、オイルサーディン、ズッキーニ、ポルチーニなどなど、眼にもお腹にも盛り沢山♪
パスタは叔母が海の幸のトマトソース、私がホタテと海老とキノコのトマトクリームソース、それぞれ手打ちの太さの違う平麺でいただいた。
おしゃべりに夢中でこの写真は残念ながら無い…あいや御免^^;。
デザートはドルチェを選んで、シャーベットかジェラートと、フルーツが盛られて出てきて閉める、堪能のイタリアンLunch♪
このあとナント叔母から意外なお誘いが「近くに当たると評判の占い師が居るから行こう!」と…そして私達はまるで女子高生のようにはしゃいで向かった。
占いの結果?まぁ適度に気持ちいいことも言っていただいてそこそこ満足して終わった。
だがその占い師によると私のラッキーカラーは緑・青・紺・紫・黒・白・赤、叔母はオレンジ・黄・茶・黒・白・茜色ということで見事に二人それぞれが自然に引き寄せられる好きな色だったことにびっくり!この日の私のセーターも青、パンツは緑系。
だが驚くのはこの後の叔母の行動…帰りの車中、彼女が持っている私も好きなブランドのコートが私のラッキーカラーで彼女にはアンラッキーだと指摘されたことで、それを私に譲ると言いだした。
して、彼女を送って家に着くとすぐさまそのコートを持ち出し、四の五の言う間に私の手中に…目出度く思わぬ“おみや”となったのである^^;。
この潔さが毎日をアクティブに楽しく暮らす原動力なのかも知れない…こういうところは大いに見習わなければならないのかも…。

夕方自宅に戻ると宅急便がお取り寄せのChocoシフォンケーキを届けてくれた。このケーキはまたの機会に…^^。
f0032020_18132637.jpg

お留守番にご機嫌斜めだったtantanさん、何をするのかと思ったらいつの間にやら空箱の中へ…箱好きはtantanさんも例に違わず。
あなたが黒猫だったら、コマーシャルの出演依頼が来たかもね…^^b。
f0032020_18134268.jpg


**********************************************
ひょっとしたら新しい飼い主探しを試みようとしたのかも…の箱入り息子tantanさんへ宜しければ~♪
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 猫ブログへ
by brian0712 | 2006-02-04 18:21 | 悲喜交々