家政婦じゃなくても見てしまったっっっ!

実は土曜日の晴れ間に出かける直前、雨や雪で洗うタイミングを逃している汚れた愛車の前で遭遇した…。
我が家の裏に隣接した家にもMIXの猫が飼われている。
しかしこの猫君“お家ときどきお外”という猫で私とも勿論顔見知り。
だが余り人馴れしないところはあえて言うなら野良的…。
表通りに面した我が家は南に面しているために朝から日中にかけて陽光に恵まれる。
裏のお家から出た猫君は、うちのガレージを経由して堂々我が家の庭で日向ぼっこ。
こんな光景が頻繁に見られ、どうやら知らぬ人は我が家の猫だと思っていそう…。
でもこの日はっきり現場を見てしまった…
私の愛車のボンネットから飛び降りる猫君を)*O*(!
f0032020_1891031.jpg

確かに汚れてる。確かに洗う暇がなく野放しだ。でも、あんまりだ…。
今までもおかしいと思ったことは何度もあったが、現場を見たわけでもなかった。
何やら猫君を外でたしなめるような裏の奥さんの声を家の中に居ながら聞いたこともあったが、その日はまともにその現場を見てしまったのである。
この猫君にはもうひとつの嫌疑もかかっている。
お察しはつくだろうが外での排泄である。
庭には小粒の玉砂利が敷き詰めてあるのだが、それが時折こんもりと砂山のように盛り上がっていて周囲に彫った跡まであるのだ。
何だか私が猫好きで自宅で飼っているのも知られていて、その分良い様に理解があるように思われているのには間違いない…。
別に知らん顔することが良い事にも思わないし、良い人ぶるつもりもない…。
ただ絶対的な良策が浮かばないだけに裏の家人には言いづらい…
どんな話の仕方をしても小言や文句にしか聞こえないだろう。
何だかなぁの話なのだ。
ああホントに釈然としないよな…こういうの。
f0032020_1813614.jpg


**********************************************
猫それぞれ、人それぞれなのよねぇ=3
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 猫ブログへ
by brian0712 | 2006-02-06 18:20 | 悲喜交々