<   2006年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

すっかり香箱座りが板についたtotoちん…
f0032020_132140.jpg

でも何やら後方から熱い視線を感じるのは、気のせい?
f0032020_1322436.jpg

見てるよ、見てる~!メッチャ見てる~~~~!!(爆)
f0032020_1325977.jpg

怖いよ~~~~っ!tantanさ~ん(>_<)!!


***************************************************
tantanさんも『若いっていいなぁ…』って思ってるのかなぁ(爆)
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 猫ブログへ
by brian0712 | 2006-06-29 13:07 | tantan
tantanさん、2005年9月28日生まれ 工事済み(爆)
本日、全く自覚ないままに9ヶ月になりました。

今朝、届けられた荷物はブリ兄弟の親元さんSkyscraper Catteryからのモノ
中にはtotoの血統書とその他素敵なプレゼントが…^^
f0032020_16511821.jpg

totoが親元さんに居た幼猫時代の写真がキレイにアルバムに収められていた。
f0032020_1705265.jpg

tantanさんにも、同じ幼猫時代の生写真が沢山同封されていた。
親元さんのサイトで紹介されていたものもあれば、初めて拝見するものもあって、
何だかまだPCの画面越しに毎日愛おしく覗いていた頃を思い出す写真たち
f0032020_1783790.jpg

tantanさんが来て、半年後にtotoが来て、とても心地良い日々がある…
あっと言う間に月日は流れて、いつの間にか大きくなっていくんだよねぇ^^

少し前にtantanさんは去勢したが、そろそろ取れてるはずのものが未だ今も存在する^^;
f0032020_17344459.jpg

手術後に傷口を縫合された糸である…どうも自分で抜くのは怖いのではないかと思う
すっかり変わらずグルーミングしてるようだが、糸が見えていても自分で抜こうとはしない
大方はグルーミング中に勝手に抜けてしまうものらしいが、今もしっかりついている
大切そうに…取られたブツの代わりなのか?(苦笑)
お陰で指定された月末にどうやら抜糸に行かねばならぬよう…^^ゞ


***************************************************
小心者は飼い主に似たのだろうか…(-_-;)
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 猫ブログへ
by brian0712 | 2006-06-28 17:41 | tantan
これからの夏本番の暑さ対策のひとつとして、先ずは美味しい新鮮なお水の供給…
ということで今月初めに循環式水飲み器 Water Domeを購入した。
まるで噴水のように真ん中から水がヒタヒタと流れ続ける代物である。
f0032020_2151061.jpg

好奇心旺盛なブリ兄弟は“何じゃコレ!?”と興味津々…
中には活性炭フィルターでろ過するようになっており、3週間ごとに交換をする。
容量は2リットル…コレだけあれば2匹だと2日くらいは余裕の量だ。
ちなみにうちの場合は、暑い間は毎日交換していこうと思ってる。
f0032020_2171341.jpg

先ずは兄の威厳でtantanさんが余念の無いCheck!味見も当然、年功序列^^ゞ
f0032020_2173460.jpg

OK!が出たところで、弟 totoも参戦…
類似商品は数多あるが、2匹がどの角度からでも飲めるという点でコレに決めた。
f0032020_2112944.jpg

猫は流れるお水が好きというのは、どうやらうちのも当てはまったらしい…
「まぁ、totoも上手に飲めるやんか…美味しい?」
f0032020_218447.jpg

「お気に召しましたか!?」
f0032020_2114551.jpg

そりゃあ、良かった(*^^*)


***************************************************
平皿でも置いてますが、どちらも上手に気分で使い分けてるよう^^b
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 猫ブログへ
by brian0712 | 2006-06-27 17:42 | Goods

「totoちん、お休みの皆さんに何かサービス出来る~!?」
f0032020_9195372.jpg

『んにゃ!肉球で…』
f0032020_9211475.jpg

どうよっ!!
f0032020_9215644.jpg




***************************************************
さぁて、どの脚かわかるかなぁ~!?
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 猫ブログへ
by brian0712 | 2006-06-25 09:24 | toto


「悔しかったら、ココまでおいで~!!」
f0032020_14384314.jpg

                           By 兄 tantan 


***************************************************
幾らやんちゃで登っても、ペントハウスにまで上がれないらしい…(^m^)
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 猫ブログへ
by brian0712 | 2006-06-24 14:42 | toto
グルーミングって…
f0032020_15413774.jpg

お互いを愛しむようにやるよねぇ、普通は…
f0032020_15414989.jpg

まして兄弟だったら、ことのほかそんな感じなのかなぁ~と思ってた
f0032020_1542038.jpg

でもどう見ても、うちの場合は違うんだよねぇ
f0032020_15421012.jpg

最初から最後までホントに一方的で…^^;
f0032020_15421878.jpg

そして報われること無く、
f0032020_15425186.jpg

顛末だけは他所サマと同じなんだなぁ…(-_-;)
f0032020_1543515.jpg




***************************************************
tantanさんの最後の顔が怖いわっっっ^^;(爆)
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 猫ブログへ
by brian0712 | 2006-06-23 15:52 | Brothers
一昨日、tantanさんは無事去勢手術を終えることができた。
夕方獣医さんに迎えに伺うと、一番混雑する時間らしく待合室には人とわんにゃんが山盛り!
二つの診察室で院長Dr.と副院長Dr.それぞれが必死で捌いてる最中という感じ…
特に問題なく手術は無事に成功していたので、術後の諸注意とお薬などを直ぐにNs.さんから説明を受け、慌しく引渡しへ。
待合室にて多くのギャラリーの見守る中で派手がましい登場となったtantanさん…^^ゞ
まだ麻酔が覚めきってない虚ろな感じで、可愛いNs.さんの胸に抱かれて姿を見せた
途端に「うわっ大っきい!」「可愛い~!」という声が交互に回りから漏れ出す。
身体が思うように動かないが意識は結構はっきりしていたようで、沢山のギャラリーの中から私が手を伸ばしてtantanさんのオツムに手を触れると、即座に「ニャア♪」と控えめに小さく鳴いた…『う~愛いヤツゥ^^!!』
一番気になったのはこの直後のNs.さんの言葉…
「tantanさん、ホンマ可愛い♪ ボーっとしてて…でもいつもこんな感じでしょう!?」
声無く笑う私^^;…さらに追い討ちをかける(-_-;)
「前のziziさん(先代アメショー)もこんな感じで穏やかで…不思議と○○さん(私の苗字)のところの猫さんは性格とか雰囲気とか似てはりますよねぇ~^^」
コレは誉め言葉なのかぁ~!?

さて、連れ帰ったtantanさんを首を長くして待ち構えた弟toto君…
だが帰るなりtantanさんがいつもにも増して内股の千鳥足で、心なしか眼も座ってヨロヨロ歩くもんだからまるで酔っ払いの如く絡まれると思ったのかちょっとビビッて近寄れず(笑)
やれやれ安心しきったtantanさんはコックリ低位置で睡眠モードに入る。
「今日はtantanさんに甘えに行ったらアカン…」
この言葉がtotoに理解出来たか定かでないが、私と共に遠巻きに様子を見守った。
その後tantanさんは、夜のうちにほんの少し水とご飯を含むと、吐いたり粗相をすることもなく静かに昏々と眠りに落ちた。
f0032020_15164380.jpg

獣医さんから頂いた化膿止めのお薬…朝晩の服用、嫌がる訳でもなく大人しく上手に飲んでくれている^^
朝には身体も思うように動き、いつもと変わらない程度のそれでも内股で私の足下をtotoとまとわりついて、朝ご飯を催促した。
ちゃんとしたご飯は丸一日振りなので消化に良いものをと思い、totoに普段朝晩だけ与えているウェットタイプのご飯を初挑戦!
以外だったのは大喜びだと踏んだのに、来た当初からドライ一辺倒で来ていたせいからか食べるのに苦労している。
器の中で頭をフリフリ、ウェットフード相手に格闘(笑)!
どうも食べ慣れないせいか、苦戦していた…クックックックック^^
常日頃、totoのドライの食べ方が下手クソだと笑っていたがtantanさんにも苦手なものがあったらしい…^^;
f0032020_151655100.jpg

傷口はやはり気になるらしく、昨夜はかなり赤く腫れていたのが時間と共に落ち着いては来ている様、舐めることまではなかなか止められない…
このまま月末まで糸が取れずに残れば、抜糸に再診となる。
食欲も元気も元に戻って、変わらずtotoと戯れる姿も見せたので
安心してブリ兄弟に留守番を託し、私は昨日予定通りに外出をした。
f0032020_15171143.jpg

totoが来て、すっかり面倒見の良いお兄ちゃんになったtantanさん…
Ns.さんが言ったのもまんざら嘘でもなく、ホントに穏やかでのんびり1日を過ごす。
今の時点で去勢をしてからどうなった!なんていうものは、まだ無い…
ひょっとしてご飯が前より美味しく感じるのかも知れないし、
何だか無性に私に甘えてみたくなるのかも知れない…
なるべくtantanさんのやりたいようにやらせてあげて、自然にスローライフを送りたいね…
「ネッ!tantan王子ーっ♪」
とちょっとヒヤカシ気味に呼んでみたら、ちゃんとこっちを向いた!
f0032020_15172420.jpg

どうやら自覚があるらしい…(爆)



***************************************************
tantan王子は、ドライフードがお口に一番合うようで…(^m^)
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 猫ブログへ
by brian0712 | 2006-06-22 16:17 | tantan
実は今日、tantanさんにとっては運命の日=去勢手術の日なのである。
前回6ヶ月を過ぎて間もない頃に私の見切り発車で去勢させようとして、
tantanさんが過敏に体調を壊し見送ったことがある。(参照 4・05 tantanの乱
現在8ヶ月余りの月齢で去勢にはちょうど良い頃合の期間満了といったところ
f0032020_1524378.jpg

過日totoのワクチン接種の際に、さっさと日程を決めて帰った…
変にかなり前から計画してしまうと私も何か気負ってしまうので、
日程を開けすぎないほうがいいと思ったので今回は結構すんなりの方。
昨夜はいつもと変わらず20時過ぎに最後の食事を与え、絶食。
お水は指示では24時には撤収だったので、最後にしっかり飲ませて絶飲。
弟totoをどうしようか悩んだけれど、逆に離したり、どちらかを隔離すると却って刺激になってしまうので、絶飲絶食も朝まで同様につき合わせた^^;
ただやっぱり昨夜は何故かtantanさんがちょっと違ってて、私を夜中に何度も起こしお布団の中で甘えて抱かれたがった。
普段は私がWCに起きた時にお布団に入ってくることはあっても、起してまでこんな形では甘えることは無いのに…
4月の失態の時にはtotoがまだ居なかったので、tantanさんも私と同じ緊張感に左右されたのだけれど、でも今回実はこの天真爛漫なtotoが素晴らしい役目を果たしてくれた、影の立役者だったりして^^
水も撤収後の夜の間、tantanさんの気持ちを宥め続けたのは多分そんなtotoの存在。
弟にカッチョ悪いところは見せたくなかったのだろうか…お水が飲めなくても、朝になって自分だけご飯が食べられなくても、ひたすら忍、忍、忍!!
“うぉ~~~偉いぞぉ~~~tantanさ~ん!!!”
声に出さずに心で叫んでたわっっっ^^V
努めて普通に装っていつものように戯れて、その時をジッと待った私達。
f0032020_15271226.jpg


お兄ちゃんの仮面を外して甘えんぼのちょっと大きな仔猫の王子に戻ったのは、獣医さんへ走らせた車の中。
助手席からキャリーのメッシュの窓越しに小さく文句を言い出した。
それがやがてちょっと主張を込めた訴えに変わった頃、獣医さんに到着。
待合室の中では、こんなに文句タラタラは初めて状態でキャリーのメッシュの窓越しに私の足につぶれた鼻先と肉球を押し付けて往生際悪くグズリ続けた^^;
「○○tantan君!」(○○は私の苗字)
と呼ばれて診察室に入り、体重計兼診察台でキャリーから解放!
嬉しそうに出て早速Ns.さんからナデナデの歓迎にちょっと嬉しかったみたい(笑)
問題の体重は…
ジジ:「5kg超えでしょ!?」
Ns.:「おっといえいえ大丈夫…いい感じの4.8kgですよ~♪
tantanさんはどうだったかは別として、主の私はひとりニヤニヤ嬉しかった^^!
むずがることなくキレイなNs.さんに抱かれて、私を振り返りもしない王子(-_-)
フッ所詮、こんなものよ…と獣医さんを後にした。

あともう少しで、きっと麻酔冷めやらずのままで王子のお迎えと相成る予定。
現在のところ特に何の音沙汰も無いところを見ると無事に滞りなく進んでる模様。
我が家のもうひとりの王子様…今日はやたらにベタベタ甘える^^ゞ
f0032020_15343811.jpg

電池切れの間に、主はやること(Blog)やらねば…ということですなっっっ。







***************************************************
今日はやっぱり美味しいご飯を用意しないといけませんね^^b
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 猫ブログへ
by brian0712 | 2006-06-20 15:43 | tantan
totoが3ヶ月になり、今日は私が彼をお迎えに行ってちょうどひと月めになる。
totoが我が家とtantanさんに馴染んでくれることが先決で精一杯だったが、
親元さんであるSkyscraper Catteryに伺って見て来たことを、
可愛いブリFamilyの姿と共に此処に披露しておかなければと思う。

Skyscraper(摩天楼)の名の通りtantanさんとtotoが生を受けた親元さんは、
大都会横浜にふさわしく天空の高層マンションのペントハウスに位置している。
四方が全面ガラス張りの陽光が降り注ぎ海までが一望の空間は、下界の喧騒とは隔絶されて、走り回る猫たちはキャットタワーなど無くてもさしづめ空を飛んでるかのよう…
初めてHPを覗かせていただいたとき、猫たちが寛ぐ採光の素晴らしさが印象的だった。
とっても自由に伸びやかに暮らしている様がHP越しに想像出来た。
幸運にも一目惚れしたtantanさんを譲り受けられることが決まり伺ったのが最初。
今回のtotoのお迎えで2度目の訪問が実現した。
前回は緊張感もあって余裕もなく、カメラも使えるようなものを持ってなかったので残念ながら記念に残すことが出来てなかったが、今回は意気込んでデジカメを持参して図々しくもパシャパシャ撮らせていただいた^^ゞ
こちらもおもてなしは女の役目といわんばかりにVictoriaママが必ずお迎え…(笑)
tantanさんそっくりの声での「いらっしゃいませ♪」に思わず顔がほころぶ^^
そしてそのままリビングにご案内、別部屋のブリFamilyもママの先導でご紹介となる。
f0032020_14351986.jpg

仔猫たちはまるで紐がついているかのようにママに連なって順番に顔を出す。
何だか昔、マスコミを賑わした道路を渡るカルガモの親子を連想させる風景^^
最初は一番人懐っこかったBlue&Creamの女の子
f0032020_14371382.jpg

そして我が家のニューアイドル toto
f0032020_1438117.jpg

で、なかなか姿を見せずジッとしてないので、コレが貴重な1枚になったキャリコのaquaちゃん…フフフっかなりのお転婆さんと見た^^;
f0032020_14411449.jpg

最後に堂々登場!は、ほんの少しヒート痩せしたというTonyパパ
f0032020_14433258.jpg

以前もそうだったが、Tonyパパが結構シャイでゆっくり近くで触れることが難しい…
そこへ愛想下手のパパのフォローをするのがVictoriaママで、必ず足元に座ってご愛嬌は欠かさない。
流石におもてなしの極意が解ってる様子…^^ゞ
オーナーさんとの歓談の間も、私の周りは縦横無尽に仔猫が走り回る=3
中でもBlue&Creamの女の子(通称:ブル子ちゃん)は、実際に本物を見てびっくりするほど綺麗だった!!
f0032020_151447.jpg

tantanさんもそうだが、ブリBlueと言われる濃いグレーは写真のような二次元だと如何しても色の重さばかりが強調されやすい。
でもそれが光に映えたときのキレイさなどはなかなか伝わりにくいものなのだ。
ブル子ちゃんは背中の色がBlueよりもCreamの色が、実はキレイに注し色になっている。
彼女の里親さんが、最初実はキャリコ姫希望だったのが実物を見てブル子ちゃんに換えられたというこぼれ話を聞いてなるほど!と感じた程。
f0032020_1514422.jpg

何だかtantanさんの小さいころを彷彿とさせて、彼女も私に何かを感じたのか、凄く熱心にアピール♪してくる…ホレ、この通り!
f0032020_15203789.jpg

そして私がそろそろtotoを連れ帰ろうかと腰を上げようとする頃には、
自ら里子希望、連れて帰って~♪ののろしを上げた(爆)
f0032020_152811.jpg

正直コレだけ好かれて、迷いが出なかったかと言われたら嘘になるかも^^;
そんなことに後ろ髪を引かれながら、tantanさんの待つ我が家へ予定よりも大幅に遅れて帰路に向ったのだった。

この日を最初にtotoが巣立ち、ブル子ちゃん、そして先週とうとうキャリコ姫aquaちゃんがSkyscraper Catteryを後にした。
オーナーさん始めTonyパパ、Victoriaママも少し淋しくなったのではないだろうか…。
また仔猫たちが走り回るその時まで、天空のCatteryはしばし静かで緩やかな時をつむぐのだろう…。
どうかどうか巣立った仔猫たち、オーナー様方々、Tonyパパ&Victoriaママ、親元様…これからも健やかにお元気で^^♪





***************************************************
可愛いブリ達に、ただただ感謝です…^^
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 猫ブログへ
by brian0712 | 2006-06-19 16:05 | 悲喜交々
toto、2006年3月17日生れ。
本日で3ヶ月を迎えました。
f0032020_1371895.jpg

5月19日に親元を離れてうちへ来て、早や1ヶ月。
今でも忘れられない来た日の大怪獣tantanとの運命の出会いは、
ビビリまくりの蛇口をひねったような粗相から始まった^^
来た頃の吸い込まれそうなグリーンの瞳は、いつの間にかやんちゃに輝くゴールドに…^^b
そんなtotoを昨日の夕方、2回目のワクチン接種に獣医さんへ連れて行った。
見知らぬところで診察台の上で、耳が後ろに折れたいっぱいいっぱいのtoto
f0032020_140912.jpg

そして来た時は3兄妹の中で一番大きく重い1,2kgの体重は…
f0032020_1483949.jpg

tantanさんよりは小さいですが、緩やかな成長振りにひと安心^^;
食育に悩んだ時期はあったけど、何とか今は順調に食べるようになってくれた。

この日、ひとりお留守番をしていたtantanさんも淋しい思いをしただけに、
こんなことがきっかけで又仲良い兄弟に戻れて良かった^^;
元気なのは良いけれど、やんちゃは程ほどにしてよね~♪




***************************************************
といった矢先から何やらまたまたやらかしました…また後日(-_-;)
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 猫ブログへ
by brian0712 | 2006-06-17 14:15 | toto