フフフフフemoticon-0136-giggle.gif何だかアイドルの歌のタイトルみたいですが、
f0032020_11272078.jpg

中身は“猫の船”と名付けられたとおりのこんな爪とぎ、ちょっとお洒落でしょemoticon-0115-inlove.gif
f0032020_1119531.jpg

頼んでもないのに自ら乗船したtantanさん、初の舵取りはいい感じガリガリガリガリ…
f0032020_11202178.jpg

キャプテンの起工式は済んだので、後はtoto水夫も無事に乗船できれば云う事なしですemoticon-0144-nod.gif
f0032020_11234668.jpg


おもちゃと同じで、爪とぎも目の前に置いてみたところで使ってくれるかわかりません。
最初にtantanさんが来た時にシンプルな木の爪とぎと小さなキャットタワーを置いていて、
木の爪とぎがお気に召さず、その次に大きなタワーと丸型のダンボールの爪とぎを置いたところ、丸型ダンボールはほぼ円座座布団のように扱われ、そしてにゃんてS字な玩具を購入したらそちらは気に入って今では糸がささくれ立つ程…長く愛用してくれているのは大きなタワーのポールとにゃんてS字なおもちゃのみでした。
にゃんてS字は消耗も激しいのでそろそろ主としては捨てたい葛藤に駆られていて、
タワーは定位置から動かせないこともあって、汚くみえない爪とぎってないかなぁと探していたところコレをGet!
上から見たところ爪とぎですが、横からだと一見なんじゃこりゃ?なオブジェのよう…
しっかりとした木製のため重さがあり頑丈なので彼らが体重を乗せてもビクとも動かず安定して受け止めます。
そして削ったクズがあちこちに散らからないのも主は嬉しい♪
でこの中身の爪とぎダンボールは、市販のリッチェル製の爪とぎを使用しているので消耗の都度に買い替えて継続使用が出来るのです。
しかしながら何故にめざましが頭につくかというと、早朝私を起こすためにブリ兄弟は起こしに来たり鳴いてみたりしていても適当にあしらわれいたので、いつしか彼らは直接私に手をかけることでなく周辺器物に手をかけることで私を起こす妙案に辿り着いたのですemoticon-0106-crying.gif
夏以外の寝室の時はドアや壁、夏の和室の際は襖に爪を立てる…しかしながらそのテクニックは恐ろしく巧妙で研ぐような振りで実はギリギリ傷をつけない裏技で音だけ立てるemoticon-0132-envy.gif→その音に慌てて私は飛び起きる!という構図がすっかり今では定着しつつあります。
但し彼らの凄いところはこの方法は一通りの私を起こす手立てが尽きてからの最終的な手段としてだけに使い分けていることemoticon-0114-dull.gif
早速直ぐに夏場に寝室として使っている和室の導線に置いたところ、翌朝こちらの思惑はまんまと的中しめざまし代わりに黄色いヘタレがこの上でガリガリガリガリ…私はその音で目が覚めましたemoticon-0118-yawn.gif
えぇこやつらこういう時は素晴らしいタッグを組む、実は侮れないブリ兄弟なのですよemoticon-0120-doh.gif
# by Brian0712 | 2009-07-20 12:14 | Goods
“HETARE”よ、永久に!emoticon-0136-giggle.gif
f0032020_11474387.jpg

# by Brian0712 | 2009-07-18 11:48 | toto
7月の最初にもうどうにも我慢の限界でtantanさんの爪きりをしようと決意しました。
いつの頃からか頑なに拒絶されるようになりここ1年くらいはその気配を感じるとダークな唸り声と火炎砲、挙句の果ては猫パンチと噛み付く暴挙に出る始末。
四肢はおろか片手の爪すら切らせてもらえない有様で、獣医さんの手を借りるほかない状態でした。
でもただそれだけに通院するのも本音を云えば結構面倒くさいものもあります。
春にtantanさんが心筋症を発病してからは過度のストレスや興奮を避けるのがなお切実になってしまったので、今回も限界まで我慢して2ヶ月放置でよもや歩くとカチカチ音がしてました。
あれ程苦しい思いをして嫌なことをされるとなっては彼にとっては病院は鬼門、私がキャリーを用意した途端に何気にそそくさと身を隠そうとするくらいです。
Dr.と看護師さんは予め手ぐすね引いて待機していただいて、いつものように予約外来の配慮ですこぶる迅速に隙のない体制です(笑)
このところの体調の良いお陰で余り猜疑心も持たずに、診察台にあがっても以外にご機嫌さんの様子でお愛想を振り撒いてました。
ひとまず体重測定…ジャスト5kg!
見るからに退院直後(4.6kg)とはお肉のつき加減も違いますから期待通り増えてました!
Dr.から体力維持の為の許容範囲ギリギリをクリアして見た目にもとても健康そうです。
爪きりでご機嫌を損なう前についでに素早く触診と胸部の聴診、嬉しいことに病院に居ながらの心拍数も100前後の安定振りで呼吸も深く穏やか。
見た目の毛艶も手触りもよく、懸念された心雑音も認められなかったので思わずDr.から出た言葉が
「うわぁ~こんなん普通の猫やん♪」
3ヵ月前明日をもわからぬ状態で運ばれてきた同じ猫とは思えない程という所見でした。
もちろんこの日は病気に関る検査は全くする予定もなかったので適切な診断とはいえませんが、確実にいえることは病態は想像以上に安定し、現在の投薬治療が順調に功を奏しているということでした。
この時の診察台でのtantanさんは誉められてるのがわかっているかのようにとても大人しくしてたのですが、爪きりを見た途端やはり瞬く間に険しい表情で怒りだし、ダークな唸りと火炎砲で小さな抵抗をしながらも、情け容赦なく爪を切られてくれました。
f0032020_23185166.jpg

心筋症に完治は無く、そして進行する病気です。
対症療法でとなるといかに病体に合った薬を選んで病気と共存していくことしかありません。
環境と体調、投薬この内の何かひとつが狂うことで状態は大きく変化します。
それはいつまでと終わりがなく、とても根気のいることではあるけれど、なるべく共に暮らすtotoちんと2匹一緒に『普通の猫』を維持させてやりたいと思います。
今回の『普通の猫』所見を機にBlogに日々の記録を掲載するのを止めました。
実は今でも毎日朝晩しっかり測定して記録は続けています。
最初は定着させなければならない大事な作業であったことと、安定しているtantanさんの体調を過信する訳ではないけれど、ここに記録していくにつれて進行する病気へのカウントダウンでもしているかのように感じてきていたので、私自身がちゃんと管理していれば良いことだと判断してそのようにしました。
毎日の記録を同じ目線で気にかけていただいていた方には勝手なことで申し訳ありませんが、心中お察しいただければ幸いです。
tantanさんの体調の変化や通院記録などは従来通り、折に触れて今後も記事にして行こうとは思いますのでどうぞ宜しくご理解下さい。


                  La raison d’un sourire
                      ~tantanとtotoとの気ままな暮らし  ジジ♪
そんな寝方
f0032020_223731100.jpg

してるから
f0032020_22365339.jpg

ぶっ潰れるんだよ~emoticon-0140-rofl.gif
f0032020_2237551.jpg

おまけに手まで折れてるし…emoticon-0141-whew.gif
# by Brian0712 | 2009-07-13 22:40 | toto
羨望の眼差し
f0032020_11395920.jpg

とありたいものですが…実は私が一番羨望の眼差しを送っていますemoticon-0114-dull.gif


【補足説明 同日19:43】
スミマセン、解りづらいようですので補足説明をば…
奥のTVの画面の中に宅のブリ兄弟仲睦まじい姿が映し出されており、手前の2匹の猫がそれをジッと見入っているという構図になっています。

皆様、良い週末を~emoticon-0155-flower.gif
# by Brian0712 | 2009-07-11 11:43 | Brothers