「はい!こちら猫部屋上空ヘリからレポートです。
 おっと何やら居る模様です。そっと近付いてみます。」

「あっ居ました!居ました!
 おおお~毛の色からするとロシアンブルーでしょうか?
 スタジオさんにお返しします。」
f0032020_13808.jpg

「スタジオです!こちらからは美味しそうな“赤福”に見えますが…(爆)。」
「“赤福”ですか?“こし餡”ですね^^b。
 接近してみます!あっ、気付かれてしまいました)*0*(。」
f0032020_1382497.jpg

「あっ違いました!ブリですっただのブリ!」
f0032020_138576.jpg

「どうやら爆睡中だった模様…猫パンチ喰らいそうですっ(>_<)
 怖いですっ目つき悪いです(爆)中継を終わります!」
# by brian0712 | 2006-01-12 13:18 | tantan
去年のX’masにCakeを買ったお店から、元旦に年賀状が届いた。
そこにはフランスで新年のお祝い(キリスト教の公現祭:1月6日)にこぞって食されるというガレット・デ・ロアの案内が。
即予約し、翌日ダッシュで買いに走った=3(熱があったのに・笑)
18㎝台の太陽を模したパイの中身はアーモンドクリーム、そして小さな陶器で出来た可愛いフェーブ(人形)がその中の何処かに隠されている。
コレが切り分けた時に誰の元で発見されるかで、ゲームをするという^^。
フェーブが当たった人は、その日一日王様・王女様になり祝福されるというもの(^m^)。
“フランス版 王様ゲーム”というところか!?
味も香ばしく甘すぎずケーキというより、やっぱりお菓子の感覚。
で、王様・王女様に付きモノなのは頭に被る王冠…。
ここで“アレッ!?”と思われた方もいらっしゃるのではないだろうか。
はい、さようで…昨日どうも母国への凱旋帰国を試みようとして失敗したtantan王子様が、被ったり?かじったり?フラフープにしてみたり?したアレでござい~(^^;)。
王冠はガレット・デ・ロアについてきたもので、大人も喜ぶ茶目っ気ぶりが、
うちに限ってはtantanさんが喜ぶ玩具でございました。
まぁ、これから私も毎年tantanさんと暮らした積み重ねにひとつずつ集めるとしよう…。
あ、でもこれだとまるでナンカ悲しい女やなぁ…(T_T)

親切に“こうやって遊んで下さいね~♪”みたいなカードも付いてる…
f0032020_12282630.jpg

切り分けてハタと気が付いて…写真はバッサリ半分(-_-;)
f0032020_1226252.jpg

コレが中から出てきた代物(フェーブ)。
コレはお店によって違って、コレクターが居たりするらしい…。
f0032020_1227876.jpg

で、撮影してたらtantanさんがやって来て…後は(-_-)
f0032020_12281333.jpg

此処にはるか祖国の城を追われた孤高の王子在り。

tantan王子登場!
f0032020_10254748.jpg

王子っ、それは頭に被るものです(^^;)
f0032020_10264566.jpg

うむっこうか?
f0032020_10301162.jpg

これは金かや?かじって確かめてやる…
f0032020_10303275.jpg

後生ですっ、お止め下さい(>_<)
f0032020_10305880.jpg

王子!王子!
f0032020_10312739.jpg

王子~、フラフープなら頭でなく腰をお振り下さいませ~!
f0032020_10343616.jpg

王~っ、マイ、ご法度!王~っ、マイ、ご法度!…
f0032020_1035494.jpg

Oh, my God~!(く、苦しい…)(-_-;)
f0032020_10362476.jpg


王子…これでは母国女王陛下の国、英国には凱旋できませぬ…(-_-)。
# by brian0712 | 2006-01-10 10:44 | tantan
f0032020_1230521.jpg

f0032020_12302436.jpg


2回目のワクチン接種に掛かりつけの獣医さんへ。
ここは先代zizi がうちに来たときからその生涯を全うするまでお世話になったところ。
10年来のお付き合いということになる。
10年ひと昔とはよく云ったもので、今では2代目ご子息が副院長として活躍されている。ここのスタッフは、旧知の友人以外、唯一私の寝起きもスッピンも泣き顔も知っている。
先代ziziを亡くしたショックで、私のペットロスを大変心配していただいていたらしい。
だから先月tantanを連れて伺った時は、皆さん総出で温かく迎えて下さった。
奥から出てらしたお父様である院長先生の第一声は、
 「うわぁ! 良い顔でいらしてくださった!良かった!ホントに…また飼っていただいて」
嬉しくて涙が出そうになった(T_T)。
ziziが大変お世話になったにも関わらずお礼に伺うのが、
思い出してしまってなかなか足が向かず、結局、最初のこの日まで先延ばし状態だった。
一緒に迎えた副院長先生のお顔も見ると本当に涙で滲んでしまいそうになる。
でも直ぐにグッと堪えて気持ちを切り替えて、tantanを紹介した。
 「良いとこへ(飼われて)来たよ!君は…ホントに」
それからは病院のスタッフ代わる代わるに抱かれる歓待振りにtantanも喜んでいた。

明けて「おめでとうございます~♪」とワクチン接種。
早速受付を済ませて、持ち物の検便ウンチをほいっ!えっ、アレ?無い!
しっかり湯気が上がる出来たてを用意しておいたのに…ありゃ忘れた。
仕方なく呼ばれて診察室へ入り、体重計兼診察台にtantanさんをば…。
ジ:「げっ!2.2kg」
副:「いいですよ、 今は成長期ですから…^^ゞ」
と言われて乾いた笑いで頷きはしたものの、おいおい、ひと月で1kgも増えてるやん…毎日見てても感じてたもんなぁ…デカくなったと。
お尻に注射されひと鳴きしたものの、全くご機嫌さんでNsさんの手の中でキョロキョロ。
キレイなお姉さんは好きですから…らしい。
兎にも角にも、無事にワクチン完了でござる。

写真は連れ帰って来て注射のせいか、オネムになってきて
甘えモードのtantanさん、眼がトロンとしてきて、
この後、催眠術にでもかかったようにお休みになりました^^。
# by brian0712 | 2006-01-09 12:44 | tantan
1月6日(金)の夕方、tantanが3ヶ月に入ったので2回目のワクチン接種に行くことにした。
去年来て1週間くらいの時、余りに爪が痛いので爪切りを試みたが上手くいかず、止む終えず掛かりつけの獣医師さんの手を借りた。
その時年内の予定をしていた2回目の接種は、ショック症状やアレルギーなども考えて、休み後の正月明けにしましょうと提案があったからだ。
行きたかったところにこの大雪と寒さ続きで、タイミングを見計らっていた。
tantanさんには、それはある日突然やってきた!
連れ帰ってきたキャリーバッグは馴らすために、いつも目に付くところに置いている。
それを引っ張り出してきてみると…
f0032020_9352946.jpg

うほっ!tantanさん、喰いついて来た!
f0032020_935398.jpg

おや、なかなか前向き…
f0032020_9354660.jpg

「準備OK!」だそうです…^^
f0032020_9355595.jpg




お陰で不意打ちの連れ出しも、結構、楽にCrear!
偉いぞ^^、tantan!

**********************************************
f0032020_1423823.gif

# by brian0712 | 2006-01-08 09:44 | tantan